2011年11月10日

スマートフォンが携帯電話で一人勝ち& 速読ソフト

今年一番のヒット商品といえば、「スマートフォン」とその関連アイテムだろう。量販店の実売データを集計した「BCNランキング」では、アップルの「iPhone 4S」が爆発的に売れた影響で、2011年10月は、1か月間に売れた携帯電話の7割がスマートフォンという結果になった。以前から全国平均よりスマートフォンの割合が高かった東京圏は78.5%とほぼ8割に達し、他のエリアもすべて5割を超えた。「iPhone 4S」の発売が要因の一過性の数値上昇という側面はあるものの、従来の「ケータイ」から「スマートフォン」への流れが一段と強まっているのは確かだ。いやいや大したものです。



詳しくは・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111110-00000003-bcn-sci





元来、本好きの私が 今本を読んでいません。忙しくて まとまって時間を取れないので
いつももう少し時間があれば、と・・・思いながらもじりじりしている毎日です。

毎日読書していたころは 読書スピ-ドが一定の速さを保っていたのですが
少し間があくと 筋肉と同じで衰えます。読書スピ-ドは確実に落ちますね。

そんなこともあり 、以前から速読
ということに興味は持っていました。
当時は韓国に速読のノウハウがあると聞いて 色々と調べたりして
いました。今は変わりました・・ちまたに速読教室が 乱立し
速読という言葉も市民権を得た感じになってきましたね。

そして 教室だけでなく独学で学べるソフトまでが登場しました。
そうなんです。速読ソフトの決定版、スマートリーディングを使えば、
有名な速読教室、速読スクールで行われている速読のトレーニングを
少ない費用でパソコンでできるので、誰でも速読術を身につけることができます!

こちらの「スマートリーディング」は音声に従って操作するだけで簡単に速読トレーニング

をすることが可能なトレーニングソフトとなっており、なんといっても少額の投資
で有名な速読スクールにも引けを取らない効果を実感できるのならば私もとても興味
を持ちましたよ。なんといっても どうなるか 結果の確定しないものに 興味だけで
多額の金額は使えませんからね。

本を速く読む「速読」は、たくさんの情報を取り入れて活用しなければならない
現代人に必須の能力です!成功者はみな読書家で、たくさんの本を読んでいます。

スマートリーディングはただ本を速く読むだけでなく、
本の内容を深く理解して整理し、そこから有用な知識のアウトプットを
行う方法までをサポートしています!ここがミソですね。

スマートリーディングは、音声案内に従ってトレーニングを行えるので楽しいです。
トレーンニングの冒頭には、精神をリラックスさせてくれるクリアリング機能まで
搭載されています。本を1冊30分で読む基本コースの他に、専門書コース、
資格試験コース、知識のアウトプットコースなど、様々な目的に応じた
トレーニングコースが用意されています。

そしてとても嬉しいことに・・・・・・・・・・・・・・・・・
従来の速読術のように目のトレーニングを行うことももちろんできます。

●眼筋トレーニング
●視野拡大トレーニング
●識字幅拡大トレーニング
●認識力向上トレーニング
●固定読みトレーニング
●二点読みトレーニング
●読マスタートレーニング
など、色々なトレーニングで速読を行うための目を鍛えることができます。

速読は川畑先生のメソッドが有名ですね。速読は沢山流派がありますが
基本のところは皆同じかと思います。視野を広げて カメラのように
文字をながめることで 沢山の情報を入力し その処理能力を
あげることで 早く読むということです。

だから 入りやすさとか費用で選ぶことは大切なことかと思います。
費用対効果を考えると速読トレーニング「スマートリーディング」が
ベストな選択かなと考えます。








速読
速読トレーニング


前回の宿題は・・http://fc2out.ran-maru.net/paskal/index.html

posted by A8命メグミ at 22:03| Comment(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。